車の状態を推測することができます

中古車を買うときに重要になるのが、車の状態についてです。良好なものを購入できれば、安全に乗れるのはもちろん、修理する回数が少なくて済むので経済的です。そのためできるだけ慎重に中古車の状態を調べておきたいです。一番良い方法は、前のオーナーさんに話を聞くことで、どのような乗り方をしてきたのかを知るだけである程度車の状態を推測できます。しかし現実的には難しく、中古車販売店でも前のオーナーさんのことはほとんどわからないといったケースが多いです。 そこで車の状態の良し悪しを判断する材料として、走行距離を見ておくことをおすすめします。一般的には十万キロがボーダーラインと言われています。もしも十万キロを下回っていればその中古車の状態は比較的良く、上回っていればそれだけ故障が増える可能性が高いです。

年式と走行距離の関係について

走行距離が少なければそれだけ良い状態であると考えられます。ただし例外があり、それは古い年式の車なのに、走行距離が極端に少ない場合です。ほとんど乗られていないということは、それだけ部品が摩耗していないので、一見すると良いように感じます。ところが車というのは走行することにより、エンジン内のオイルが循環し錆びるのを防ぐことができるのです。では走行距離が極端に少ないかどうかの目安ですが、登録された年数×一万キロです。例えば登録されて五年経過している中古車の場合、走行距離が五万キロ前後であれば適正というわけです。他にも登録されて五年なのに走行距離が八万キロだと、この中古車はかなり酷使されているので注意が必要です。